ネットメンバーサービス「柴田秋豊の罫線」

柴田法則は―

ASP画像1

昭和の大物相場師として知られる柴田秋豊氏が長年のチャート研究の結果を集大成した「柴田法則」(しばたほうそく)は、多くの投資家に実践され、相場での実績に裏付けられている株式テクニカル分析法です。
棒足罫線を使用した「いき」「いく」「いあ」などの棒足法則と、鈎足罫線を使用した「ろさ」「ろく」「ろゑ」「ろあ」の4 法則からなる鈎足法則があり、5,000 種にもおよぶ上場銘柄の売買タイミングをはっきりとつかむことができる点が特徴です。


鈎足罫線と棒足罫線

ネットメンバーサービス柴田秋豊の罫線は―

ASP_TOP画像

ネットメンバーサービスTOP画面

清光経済研究所の相場観測を読む

清光経済研究所の相場観測を読む

現在の株式相場全体の流れをつかむため、日経平均やTOPIX 等の指標を柴田法則分析で解説した記事を掲載しています。また、個別銘柄も注目銘柄として紹介。
紹介銘柄はPDF形式でアフターフォロー。

「指標を読む」では大勢の解説

asp画像

相場は市場全体の流れ(大勢)をつかむことがたいへん重要です。
「指標を読む」のコーナーでは、日経平均、TOPIX や海外指標をチャート付きで詳しく解説。
原則、毎週金曜日の更新ですが、大勢に変化のあった場合にはただちに更新していますので、柔軟な対応が可能になります。






「マーケットウォッチ」では個別銘柄の分析
ASP画像
ASP画像

「注目銘柄」では現在、買い時(売り時)の銘柄を、柴田法則を中心としたチャート分析、業績の変動などファンダメンタルズもあわせて分析。紹介後のフォローも「過去紹介銘柄の状況」でお知らせ。
過去5営業日までの銘柄は、バックナンバーも閲覧できます。





当日の鈎足転換銘柄数を市場別に確認

「市場名」や「鈎足転換推移状況へ」をクリックすると詳細が表示されます。

ASP画像

鈎足転換推移状況は1週間単位の鈎足売買転換数をカウントすることにより、相場の大きな流れ(大勢)がみえてきます。1日の鈎足売買転換数を買い転換数と売り転換数に分け、それぞれ1週間合計したどちらか多いほうに陽転、陰転する傾向にあります。
TOPIXを相場の大きな流れ(大勢)と捉え、その週足と比較すると日本株全体の相場の力関係がわかります。売りから買い、買いから売りへ変わるときが出動するチャンスです。


柴田棒足法則と鈎足法則で銘柄選択

柴田棒足法則と鈎足法則で銘柄選択

さまざまな条件から銘柄を選定し、最も売買に適した銘柄を探し出す機能です。簡単な条件を入力する「簡易検索」と、複数の条件を組み合わせる「詳細検索」があります。

【さまざまな条件を入力し、銘柄を検索する詳細検索画面】
検索画像
  • 市場、業種、株価はもちろん、鈎足法則が出現した銘柄、高値圏・安値圏を加味した検索や 安値からの上昇率や高値からの下落率など、いろいろ条件を設定して検索する事ができます。 また、一部の逆張り法示の検索機能も搭載されています。
  • 検索した結果は10・30・50・100件単位での一覧表示が可能。株価順や売買単価順に並べ替えるソート機能が充実。
  • 検索した銘柄の20分遅れの株価が閲覧できるサイトや、検索した会社のホームページにもリンクしています。

「全種類画面表示」と「補助斜線・補助関門」

ASP画像ASP画像











  • 罫線の表示画面には、「前へ」と「次へ」ボタンがついていますので、選択結果順に銘柄を連続表示が可能になります。
  • 罫線にカーソルを合わせれば転換や出来高も簡単に調べる事ができます。
  • 引線する値幅を考慮した先行観測が可能。将来の鈎足法則出現値段が明確に出てくるので、将来の売買にも有効です。


柴田罫線法則で確認した銘柄はここに登録

柴田罫線法則で確認した銘柄はここに登録

ご自分の資産管理、注目銘柄登録をおこなえます。目標価格等を設定することで、パーソナルニュースで株価到達や法則出現をお知らせします。

ポートフォリオ画面

ASP画像

  • 現在所有している銘柄の資産状況がすぐに確認できます。
  • 目標株価や損切り株価を設定しておけば、株価到達時にパーソナルニュースでお知らせします。


注目銘柄画面

asp画像

  • 購入予定の株式や継続的に注目している銘柄は「注目銘柄」に登録できます。
  • 登録した銘柄の目標株価を設定しておくことにより、株価到達をTOPページでお知らせします。
  • 注目銘柄やポートフォリオに登録した銘柄は、鈎足法則の出現、転換をその日のTOP ページでタイムリーにお知らせします。

週足斜線に棒足「斜線・関門」を設定し、転換判定

asp画像 週足罫線に上値斜線や下値斜線・関門を設定したあと、注目銘柄に登録し、注目銘柄画面の「分析する」ボタンを押せば、鈎足法則に棒足法則を加味した転換判定をとることができます。



asp画像チャート画面にはスクロール機能が搭載されているので過去の罫線表示も可能


詳しい情報を確認する詳細情報画面

asp画像

注目している銘柄や、資産管理をしている銘柄が、目標株価や損切株価に達したとき、あるいは鈎足法則の出現や鈎足2法則で転換した場合は、その日のうちにパーソナルニュースとしてお知らせします。








ネットメンバーサービス「柴田秋豊の罫線」機能一覧表
市場 東証1部、東証2部、大証、名証、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス
指標 日経225種平均株価、TOPIX(東証株価指数)、全銘柄単純平均、低位株単純平均(清光経済研究所オリジナル指標)、NYダウ・ジョーンズ平均、NASDAQ総合指数、業種別日経平均 等
株価情報 始値、終値、高値、安値、前日比
銘柄情報 売買単価、売買単位、出来高、業種、会社ホームページリンク、最新株価情報リンク(20分遅れ株価)、メモ保存、貸借銘柄情報(信用売残、信用買残、信用倍率)、斜線・関門設定アイコン
罫線画面 鈎足、日足、週足、月足、鈎足と棒足の2画面表示機能、全種類表示機能、別ウインドウによるヒストリカルデータ表示(6ヶ月分)、株式分割表示画面、分割係数表示、印刷機能、十字ポインター採用、鈎足法則による転換分析の囲みを選択式に
罫線分析 鈎足法則表示、鈎足2法則転換表示、週足罫線図斜線・関門設定および棒足転換判定機能、斜線・関門設定値表示、鈎足法則先行観測機能(順観測・逆観測)、先行観測時の引線値幅考慮機能、補助斜線・補助関門機能、移動平均線および移動平均線乖離率の採用可能
ポートフォリオ 買い方向25銘柄×2分類、売り方向25銘柄×2分類(合計100銘柄登録)、時価評価額表示、損益計算機能、目標価格設定、損切価格設定
注目銘柄登録 25銘柄×4分類(合計100銘柄登録)、目標価格設定
検索 転換状況、最終転換日、株価、売買代金、業種、市場、先行観測(順観測・逆観測)、複数期間の上昇率・下落率、あいまい文字検索(銘柄名、メモ、コード)、お客様設定情報(斜線、関門)、合併、倒産による上場廃止銘柄を含めた検索
パーソナルニュース ポートフォリオおよび注目銘柄の目標価格、損切り価格到達や法則出現等を告知
株式相場解説マガジン 主要6指標の転換状況および解説、個別銘柄の転換状況および解説を5日間分、本日の転換状況(鈎足法則のみ)、鈎足転換銘柄一覧表示、鈎足転換推移状況、印刷機能
メンテナンス ユーザー設定、自動株価更新(通常午後6時)、自動無料バージョンアップ

利用料金

※新規料金
サービス期間 定価(税込)
半年間 63,000円
1年間 126,000円
2年間 189,000円
3年間 252,000円

※継続料金
商品 定価(税込)
1年間 105,000円
2年間 168,000円
3年間 231,000円

※上記金額は、ネットメンバーサービスのみをご利用する場合の料金となっております。
柴田罫線ソフトウェアシリーズをお持ちの方には特別価格を用意しております。
現在ソフトを利用されているお客様が、ネットメンバーサービスも併用される場合は、別途お問い合わせください。

  
詳しくはメールにてお問い合わせください。
Eメール:info@seiko-eri.co.jp

→ネットメンバーサービスに関するQ&A

→ネットメンバーサービスのお申し込みはこちらから